そして気づく。

ワタクシえんちょう、昨日は研修で。

いま、とあるビジネスホテルの一室でこれを打ち込んでいるのだが。

研修はコレ。

自立ってとこに関して、学びがあったり。

 

「社会的養護自立支援事業」をやってないのが日本全国で

長野県ともう一つだけで、ちょっとはずかしくなったり。

あ、ちなみにこれ、「やるよ」って手を挙げてる事業所はあるんだけど、

県が「うん」って首を縦に振らないんだよ。たのむよ「県」。

ま、幸いなことに補う形で県社協がいろいろやってくれててたすかるんだけどさ。

 

で。夜に。

いつも飯山学園に継続的に寄付をいただいている方がこの地におられて。

「研修で行きますよー」なんて言ったら、

「じゃあごはん行くよ」って誘ってくれて。

数年ぶりにお会いして楽しい時間を過ごさせていただいたんだけど。

そしてすっかりごちそうになってしまって。51歳なのにあまえてしまった。

ワタクシえんちょう、18歳で親元を離れて33年。

「自立」してるっちゃしてる。というかまあ、自立してるよ。

でも、自分だけで自立してるわけじゃない。

家族やら友人やらいろんないろんないろんないろんな

「甘えさせてくれるヒト」

「甘やかしてくれるヒト」

がまわりに勢ぞろいしてくれてるから「自立」が成り立ってるんだ。

いまさらながら。

じゃあ。ウチを巣立っていくっていうか、

社会的養護の仕組みから巣立っていく子どもたちにも、

「甘えさせてくれるヒト」

が勢ぞろいしてなきゃな。

っていうか、その勢ぞろいがないなかで

「自立しなさい」

は、酷というものじゃない? 無理があるよね。

 

すべきことが見えてきた… かな?

やっと。

えんちょう。

よかったらシェアしてね!